Natalia Oreiro Turmalina

nataliaoreiro2002.jpg

Natalia Oreiroの2002年アルバム。全世界で180万枚位売れたアルバムで今回はKike Santander率いるSantander Productionが制作。意外にも多くの曲でギンギン(死語?)なロックサウンド。このアルバムでのキーパーソンはJuanesがボーカルだったバンドEkhymosisのギターリストFernando “Toby” Tobón。彼がKike Santanderとともにプロデュースやギターで参加。05のCanto CantoではウルグアイのJaime Roosが参加したカンドンベのリズムが入ったカンドンベロック。08のCuesta Arriba, Cuesta Abajoは彼女が主演したアルゼンチンドラマの主題歌で作詞作曲がアルゼンチンのCoti Sorokin。10のPasion Celesteはウルグアイのサッカー代表La Celesteの応援ソング。作詞作曲にJaime Roosが参加。もしウルグアイのサッカーファンがいたらこの曲で盛り上がること間違いなし。

01. No Soporto
02. Que Digan Lo Que Quieran
03. Amor Fatal
04. Alas De Libertad
05. Canto Canto
06. Cayendo
07. Por Verte Otra Vez
08. Cuesta Arriba, Cuesta Abajo
09. No Va Mas
10. Pasion Celeste
11. Mar